鼠径ヘルニアの患者さまの声|太もものしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)の専門的な知識と腹腔鏡(内視鏡)手術のご案内、蓄積した手術実績

太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張りなど、外科医4名の監修による鼠径ヘルニア(脱腸)治療専門サイト

鼠径ヘルニア(脱腸)外来のご予約はこちら(完全予約制)

お問合せフォーム:患者様から太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)に関するご相談、招聘手術をご希望される医療機関様

患者さまの声

患者様の声A

腹腔鏡手術を受けた感想

ちょうど今日で1週間目になります。今日術後の健診で、問題はなかったです。
先生にも痛みはないか聞かれたが、冗談ぬきで痛みが全くないです。
目が覚めたら終わっていました。実際の時間もすごく短い。帰りも電車で帰りました。

治療の経緯

仕事は印刷会社で営業をしています。今年1月くらいに調子が悪く、お風呂に入って拭いているときに、なんかポコッて出っ張りが、ふくらみに気付きました。その時はそのまま流していましたが、3カ月くらいして、ふくらみが大きくなってきたので、地元の病院で受診しました。
その病院では1週間入院して、全身麻酔をし切る。手術と言われました。1週間休みとなると、仕事の都合もあり厳しいと思いました。
娘がちょうど色々とネットで調べてくれて、良い病院があるみたいと東京外科クリニックを薦めてくれました。 自分でも日帰りなど色々と調べて、東京外科クリニックにたどりつきました。

様々な治療方法を説明した上で、腹腔鏡を提案してくれた

まさしく安心感。温厚で丁寧な話し方。
大橋先生の場合は、いいところだけを話すのではなくて、色々なやり方がある中で、クリニックが何をしているか話してくれました。麻酔についてもよく説明してくれました。
自分のクリニックのことだけをアピールするのではなくて、他の病院でやっていることも話しつつ、今はこういう形で麻酔もよくなっているので、日帰りが可能ですと説明してくれます。
安心感と、この先生なら大丈夫と感じました。

ホームページの安心感が、来院して現実のものになった

ホームページをみて一番感じたのは、安心感。ピンポイントでそけいヘルニア、日帰り。それがベストマッチしました。
ウェブサイトをみて、たまたま仕事柄この辺りに来ているもので、仕事の途中で電話をし、予約。伺ってまた安心感を得ました。ウェブサイト見た安心感、来院しての安心感と雰囲気、大橋先生とお会いして、初対面でしたが、すごく安心感がありました。それが一番のポイントです。

初めての手術だったが、腹腔鏡手術は痛くなかった

大腸のポリープ手術はやったことはあるのですが、全身麻酔をして、腹腔鏡で手術というのは初めてでした。それでその日に帰れる、痛みもないというのはすごく安心感があります。実際にやってみたので、痛いか痛くないかと聞かれたとしたらはっきりと痛くないと言います。そのぐらいすごく楽な、腹腔鏡の手術だったのかなと思います。

手術当日の流れ

11時にクリニックとのことで、(住まいが所沢なので1時間20分くらいかかりますが、)10分くらい前に到着し、着替えて麻酔の先生と話をし、30分くらいから始まったと思います。そのあとは起こされるまでわからず。気が付いたら終わっていました。13時30分くらいには終わっていて昼食をだしてもらって食べていました。あっという間で、気が付いたら終わっていた感じです。

このページの先頭に戻る