鼠径ヘルニア(脱腸)の診察から検査・診断までの流れ|太もものしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)の専門的な知識と腹腔鏡(内視鏡)手術のご案内、蓄積した手術実績

太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張りなど、外科医4名の監修による鼠径ヘルニア(脱腸)治療専門サイト

鼠径ヘルニア(脱腸)外来のご予約はこちら(完全予約制)

お問合せフォーム:患者様から太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)に関するご相談、招聘手術をご希望される医療機関様

受診をご検討されている患者様へ
鼠径ヘルニア(脱腸)の診察から検査・診断までの流れ

鼠径ヘルニア(脱腸)は、ほとんどの場合、太ももの付け根(鼠径部)に「こぶ」や「しこり」といった出っ張りができるため、患者様ご自身で診断することができます。また、外科医にとって鼠径ヘルニア(脱腸)の診断は通常は難しいものではありませんので、医療機関を受診していただければ鼠径ヘルニア(脱腸)であることは比較的簡単にわかります。

診察室では問診と患部の視診・触診を行います

明らかな出っ張りがある場合は、太ももの付け根(鼠径部)を見たり、触ってみて確認をします。その時には、息んでお腹に力を入れてもらい、鼠径ヘルニア(脱腸)が出てくるかどうかも確認させていただきます。その際に医師は「どこから」「どのくらい」「何が出ているのか」を判断しています。

しかし、診察時に明らかな出っ張りが確認されない時には診断がやや困難になります。その際は、患者様ご本人や周りの方が出っ張りを確認した時の状況をお伺いします。

手術前には採血・心電図・呼吸機能検査を行います

手術前には、採血・心電図・呼吸機能検査(息を吸って吐いて)を行います。これらは、手術を安全に受けていただく上で必要な検査です(ご年齢や喫煙の有無、病歴で加減することがあります)。

また、鼠径ヘルニア(脱腸)の情報を知るために太ももの付け根(鼠径部)のCT画像を撮影することがあります。他院でのデータをすでにお持ちの方はお見せください。
CT検査を行う際は提携先のクリニックにて受けていただきます。

CTによる画像診断で、鼠径ヘルニアの種類もわかります

鼠径ヘルニア(脱腸)であることはわかった場合でも、それが「外鼠径ヘルニア」「内鼠径ヘルニア」「大腿ヘルニア」のどのヘルニアなのかをはっきりさせるためには、CT検査は有効です。

鼠径ヘルニア(脱腸)は、種類によっては下記のように「嵌頓(かんとん):腸が飛び出したまま元に戻らなくなった状態」になりやすい鼠径ヘルニアもありますので、事前にCT検査を受けて種類を確定させておくことで、手術の際に万全の準備ができます。

  • 内鼠径ヘルニアは、「嵌頓(かんとん)」することは一般的に少ないと思います
  • 外鼠径ヘルニアは、男性の方が「嵌頓(かんとん)」する可能性が高い印象です
  • 大腿ヘルニアの場合、男女ともに「嵌頓(かんとん)」予防の手術をできるだけ早く行うべきと考えます

そけいヘルニアにはおもに3つの種類があります。@外そけいヘルニア:そけい靭帯の上で、外はわから出てくるヘルニア。そけいヘルニアでは一番多いタイプです。A内そけいヘルニア:そけい靭帯の上で、内側から出てくるヘルニア。B大腿ヘルニア:そけい靭帯の下から出てくるヘルニア。出産を経験した女性に多く見られます。

うつ伏せの状態で撮影することで、ほぼ100%正確に診断できます

鼠径ヘルニア(脱腸)の診断のためにCTを撮る場合、一般的には仰向けの状態で行われますが、仰向けの状態では多くのヘルニアはひっこんでしまい、診断できる確率は50%です。

一方で私の検査では、右図のようにうつ伏せの状態でCTを撮りますから100%に近い正診率を出すことができます。


右の図は、鼠径部のCT画像です。画像の「↓」の箇所が健康な部分と比べて盛り上がっていることがわかります。

ヘルニアの分類(外鼠径・内鼠径・大腿型)も可能なため、「嵌頓(かんとん)」のリスクがどの程度かも推測することができます。

あれ?鼠径ヘルニア(脱腸)じゃないの?
CT検査を受けることで、違う病気が見つかることも

CT検査を受けるもう一つのメリットは、鼠径ヘルニア(脱腸)に間違えられやすい他の病気を診断できることです。どの病気も太ももの付け根(鼠径部)が腫れるため、患者様ご自身で気づかれて医療機関を受診される場合が多いですが、一般的な外科外来では正しく診断してもらえずに患者さんが困っていることが時折見受けられます。しかし、CT検査を行い、正しく読影すると診断可能なことも多いのでぜひご相談ください。
CT検査を行う際は提携先のクリニックにて受けていただきます。

鼠径ヘルニア(脱腸)に間違われやすい病気の例

  • 外性子宮内膜症
  • 結節腫
  • Nuck管水腫
  • 滑膜包炎
  • リンパ腫
  • リンパ節炎
  • 精索脂肪腫
  • 精巣腫瘍
  • 停留睾丸
  • 陰のう水腫

このページの先頭に戻る