手術の傷は3〜5mm|太もものしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)の専門的な知識と腹腔鏡(内視鏡)手術のご案内、蓄積した手術実績

太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張りなど、外科医4名の監修による鼠径ヘルニア(脱腸)治療専門サイト

鼠径ヘルニア(脱腸)外来のご予約はこちら(完全予約制)

お問合せフォーム:患者様から太ももの付け根のしこり・ふくらみ・出っ張り 鼠径ヘルニア(脱腸)に関するご相談、招聘手術をご希望される医療機関様

「治す」+「痛くない」=ファーストクラスの医療を
鼠径ヘルニア(脱腸)手術後の傷の小ささ

当院で行っているそけいヘルニアの腹腔鏡手術は、その傷の小ささが魅力です。
切開や単孔式は手術によって残る傷が大きくなってしまいますが、当院の腹腔鏡手術では、5mm〜3mmの器具を使っていますので、傷が小さく目立ちません。
また、手術による痛みが少ないというのも大きな、魅力です。

腹腔鏡手術による傷の例

へそ5mm、右5mm、左3mmの場合の傷になります。

腹腔鏡へそ5mm

腹腔鏡右5mm

腹腔鏡左3mm

いずれの傷も小さく済んでいます。
また、下は手術後3ヶ月経過したときの写真ですが、このころには赤みも消え、さらに目立似にくくなっています。

腹腔鏡へそ5mm

腹腔鏡ではない場合の傷の大きさ

当院では5ミリもしくは3ミリの器具を可能な限り使っています。
以下の術式もありますが、いずれも5ミリのものより痛みが強いと考えていますので、5 ミリ以下の器具だけでは済ますことができない場合に限定して、以下の術式を行うことがあります。

鼠径部切開法

鼠径部切開法による傷の後
鼠径部切開法(いわゆる開腹)による手術のキズです。

腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術

腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術の傷の後
従来の臍12ミリの腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術です。臍のキズは大きく目立ち、5 ミリのものより痛みが強くなります。

単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術

単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術の画像
単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術です。キズは一か所で済みますが、その一か所が3 センチと大きく、5ミリのものより痛みが強くなります。

このページの先頭に戻る